天気予報を見る
 
新聞購読申込

成田のGW旅客は半減見通し/震災影響か

2011/04/25 19:07

 成田国際空港会社は25日、ゴールデンウイーク期間中(4月28日〜5月8日)の出入国者数が、前年同期比48%減の計約38万2千人になるとの推計を発表した。同期間としては、新型肺炎(SARS)の影響で約47万7千人にとどまった03年を大幅に下回り、過去10年で最低になる見通し。

 同社は、東日本大震災や原発事故で観光客が減少したほか、日航など航空会社の減便も影響したと分析している。

 同社によると、出国のピークは4月29日で約2万6千人が、帰国のピークは5月5日で約2万5千人がそれぞれ出入国する見込み。行き先別ではグアムやハワイなどのリゾート地や欧州の人気が比較的高いが、全体的に各方面とも低調という。

 担当者は「曜日の並びが良く、長い休暇は取りやすいはず。自粛ムードが響いたのではないか」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.