天気予報を見る
 
新聞購読申込

蒸気機関車C61が復元/JR、7月以降運行へ

2011/04/25 16:43

 復元作業が終わり、公開された蒸気機関車C61形20号機=25日、群馬県高崎市
 復元作業が終わり、公開された蒸気機関車C61形20号機=25日、群馬県高崎市

 JR東日本が復元作業を進めていた蒸気機関車C61形20号機の修理が終わり、25日、群馬県高崎市の車両センターで報道関係者に公開された。

 今後、試運転で旅客営業のための最終チェックを行い、7月以降に上越線の高崎―水上、信越線の高崎―横川間で週末や繁忙期に運行する予定。

 JR東日本によると、C61は1947〜49年に33両が製造され、東北線や常磐線などで活躍。20号機は49年製で73年に廃車となり、翌74年から群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示されていた。

 昨年1月にさいたま市のJR施設に移送。38年ぶりの現役復帰に向けてボイラーを改修したほか、部品交換や点検を受けてきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.