天気予報を見る
 
新聞購読申込

震災乗り越え7百キロ走破/福島の女子高生2人優秀賞

2011/04/24 20:24

 「果てしなく大きなチャレンジだった」と自分たちの挑戦を話す二階堂美幸さん(右)と安田真奈美さん=24日午後、東京都新宿区
 「果てしなく大きなチャレンジだった」と自分たちの挑戦を話す二階堂美幸さん(右)と安田真奈美さん=24日午後、東京都新宿区

 福島市の女子高生2人が東北新幹線の東京―新青森に相当する713・7キロ走破に挑戦。地割れができた道を走りきり、子どもの挑戦を対象にした「チャレンジカップ2011」の優秀賞に選ばれ24日、東京都内で表彰式があった。

 2人は桜の聖母学院高校3年の二階堂美幸さん(17)と安田真奈美さん(17)。新幹線が新青森まで延びることに合わせ「大きなチャレンジをしたい。自分が変われる」と考え、昨年10月からグラウンドや道を走り始め、地震前に692キロに達していた。

 放射性物質の影響を心配してしばらくは走らなかったが、3月28日にマスクと長袖長ズボン姿で再開。4月4日に達成した。

 この日の表彰式で、2人は「福島の人々に頑張っている姿を見せられてよかった」と話した。

 また、原爆や戦争について調べ、リポートにまとめた福島県浅川町の石川義塾中3年割栢沙希さん(15)も優秀賞に。風評被害について「デマに惑わされないで」と訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.