天気予報を見る
 
新聞購読申込

漫画家が被災者応援のサイン会/福島・川俣町

2011/04/23 19:17

 福島県川俣町の人々を応援しようと開かれたサイン会で、西原理恵子さん(右手前)からイラスト入り色紙をもらい笑顔の参加者=23日午後、福島県川俣町
 福島県川俣町の人々を応援しようと開かれたサイン会で、西原理恵子さん(右手前)からイラスト入り色紙をもらい笑顔の参加者=23日午後、福島県川俣町

 一部が計画的避難区域に指定された福島県川俣町の人々を応援しようと、漫画「20世紀少年」で知られる浦沢直樹さんや西原理恵子さんら漫画家約10人が23日、同町に集まり、サイン会を開いた。雨の中、会場の体育館には数千人が集まり、漫画家たちは一枚一枚丁寧にイラストを仕上げ、握手に応じた。

 発起人は、都内でホルモン焼き店を経営する光山英明さん(41)。「川俣シャモ」で知られる町が風評被害に苦しんでいることを知り、イベントを企画。店の常連客の漫画家福本伸行さんが他の漫画家に参加を呼び掛けた。光山さんは会場で2千食以上の焼き鳥を参加者に無料で振る舞った。

 川俣町の中学1年菊地陽大君(12)は、浦沢さんのイラスト入り色紙を手に「うれしい。来てくれてありがとうと言いたい」と笑顔を浮かべた。

 光山さんは「こんなに集まるとは思わなかった。みなさんの楽しそうな顔を見られて何よりです」と言いながら、汗だくで調理していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.