天気予報を見る
 
新聞購読申込

大きな花絵で被災地応援/神戸の街彩る

2011/04/23 17:37

 チューリップの花びらを路上に敷き詰め、被災者を励ますメッセージなどが描かれた「インフィオラータこうべ2011」=23日午後、神戸市中央区
 チューリップの花びらを路上に敷き詰め、被災者を励ますメッセージなどが描かれた「インフィオラータこうべ2011」=23日午後、神戸市中央区

 約95万本分のチューリップの花びらを路上に敷き詰めて大きな絵を描くイベント「インフィオラータこうべ2011」が23日、神戸市内で始まり、通りをカラフルに彩った。市内の7会場で時期をずらし、5月1日まで開かれる。

 同市中央区の元町穴門商店街では、雨の中、店主やボランティアら約100人が「東北に勇気と希望を」など東日本大震災の被災者を励ますメッセージの入った四つの絵を花びらで描き出した。

 商店街の辰巳真一会長(54)は「震災を経験したので被災者の気持ちは分かる。神戸は復興して、これだけがんばっているよと発信したかった」とデザインに込めた思いを語った。

 インフィオラータはイタリア語で「花を敷き詰める」という意味で、欧州では広く知られるイベント。神戸では、阪神大震災の復興を願って1997年から毎年開催され、ことしで15回目。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.