天気予報を見る
 
新聞購読申込

聖徳太子、没後1390年の法要/奈良・法隆寺

2011/04/22 12:06

 法隆寺で営まれた聖徳太子没後1390年の御聖諱法要=22日午前、奈良県斑鳩町
 法隆寺で営まれた聖徳太子没後1390年の御聖諱法要=22日午前、奈良県斑鳩町

 聖徳太子ゆかりの法隆寺(奈良県斑鳩町)で22日、太子没後1390年の御聖諱(ごしょうき)法要が営まれた。

 太子の功績と遺徳をしのぶ10年に1度の盛大な法要。色とりどりの装束に身を包んだ僧侶や楽人、僧兵ら百数十人が参列して太子の像を載せたみこしを担ぎ、東院の夢殿前を出発した後、雅楽のみやびやかな演奏に合わせて、西院の大講堂前までゆったりと移動した。

 大講堂の前では、4人の童子が鳥の羽根を付けて踊る伝統的な舞楽を奉納。大野玄妙管長が東日本大震災の死亡者の冥福と、被災地の一刻も早い復興を祈った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.