天気予報を見る
 
新聞購読申込

福竜丸の“死の灰”美術展/22日から三軒茶屋で開催

2011/04/21 17:19

 1954年に米国の水爆実験で被ばくした静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」。乗組員らが浴びた放射性降下物(死の灰)をテーマにした美術展「〈EXPOSE 死の灰〉展 第五福竜丸 1954→2011」が、22日から5月18日まで東京・三軒茶屋のスタジオ「KEN」で開かれる。

 乗組員が集めて持ち帰った死の灰の実物を公開するほか、写真など展示。元乗組員大石又七さんやイラストレーター和田誠さんのトークイベントも開かれる。 主催する「粟津デザイン室」が「第五福竜丸事件は、起こり得る未来の出来事でもある」と準備している最中に、福島第1原発事故が発生。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.