天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災生徒、7千人の転校可能/私立中高に

2011/04/19 19:37

 全国で約1300校が加盟する日本私立中学高等学校連合会は19日、東日本大震災で被災した中高生の受け入れを可能としている私立の中学と高校が1134校となり、生徒数は6939人に上ったとの調査結果を公表した。

 調査によると、受け入れ校の内訳は中学299校、高校(全日制・定時制)800校、高校(通信制)35校。受け入れ可能な生徒数は中学1439人、高校(全・定)5130人、高校(通)370人。

 都道府県別で見ると高校(全・定)は東京の98校が最多。次いで大阪86校、神奈川51校、愛知47校、福岡45校の順。

 同連合会によると、受け入れの形態や条件は学校ごとに異なり、授業料を徴収せずに転校を認めるケースや、学校側がホームステイ先を確保し一時通学を認めるケースなどが多いという。

 調査は今月中旬、傘下の私学協会などを通して実施。把握できなかった宮城や福井などを除く40都道府県の学校から回答を得た。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.