天気予報を見る
 
新聞購読申込

第2次集団避難に545人応募/宮城・南三陸町

2011/04/16 18:24

 宮城県南三陸町は16日、町外への第2次集団避難への応募が、定員約4700人に対し、545人だったと発表した。今後、避難先を決定し、20日以降に移動を始める。

 町によると、町内41カ所の避難所に6669人、町外5カ所の避難所に593人の計7262人が暮らしているが、地元を離れたくないという声も大きいという。

 2次避難の希望先は隣接する登米市などの県内4市町に集中。山形、秋田などの県外への希望は21人にとどまった。

 同町ではすでに、第1次の集団避難で911人が町外に移動。第3次は22日以降に募集する。

 佐藤仁町長は「応募数は想定より若干下回った。ただ、仮設住宅ができるまで、少しでも環境の良いところで過ごしてほしいとの思いは変わらない」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.