天気予報を見る
 
新聞購読申込

「千本桜」で吉野の山肌染まる/連日2万人訪れる

2011/04/16 17:37

 シロヤマザクラが見ごろを迎え、山肌が淡いピンク色に染まった奈良県の吉野山=16日午後、共同通信社ヘリから
 シロヤマザクラが見ごろを迎え、山肌が淡いピンク色に染まった奈良県の吉野山=16日午後、共同通信社ヘリから

 「千本桜」で知られる奈良県の吉野山で16日、約3万本のシロヤマザクラが見ごろを迎え、山肌は淡いピンク色に染まった。中心街の金峯山寺蔵王堂周辺では、連日2万人前後の観光客が訪れ、にぎわっている。

 吉野町によると、今年は例年より1週間ほど開花が遅れた。ふもとの下千本、中千本は満開で、18、19日ごろが一番の見ごろ。上千本は7分咲きで、山頂に近い奥千本は間もなく開花、25日ごろに見ごろを迎える。

 吉野山で修行を積んだ修験道の開祖・役行者が、桜の木に蔵王権現を刻んだとの言い伝えがあり、吉野山の桜は約1300年前から神木として保護されてきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.