天気予報を見る
 
新聞購読申込

いわき市で被災者住宅の入居開始/申し込みは2600件超

2011/04/16 17:33

 被災者向け一時提供住宅に入居した遠藤義康さん=16日、福島県いわき市
 被災者向け一時提供住宅に入居した遠藤義康さん=16日、福島県いわき市

 福島県いわき市で16日、震災の被災者向け一時提供住宅への入居が始まった。入居期限は来年3月まで。事情により最長2年間、延長する。

 この日は雇用促進住宅に同市の9世帯が入居。近くの市施設の窓口などで、この日配分が始まった義援金やカギを受け取ると早速、部屋に入った。

 自宅兼店舗が津波などで全壊した飲食店経営遠藤義康さん(53)は「将来への第一歩。店を再建できるよう頑張りたい」と話した。

 市は入居世帯にガスのカセットこんろや食料などを提供。日本赤十字社はテレビや洗濯機などを寄贈するという。

 市は入居世帯数を2300戸と見込んでいたが、市内外から2600件以上の申し込みがあった。高齢者らの世帯を優先し、民間住宅も借り上げて4月中に入居を完了する予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.