天気予報を見る
 
新聞購読申込

阪神大震災の遺児らが支援募金/「自分も力になりたい」

2011/04/16 16:41

 あしなが学生募金を呼び掛ける(右から)タレントの西川きよしさん、阪神大震災遺児の中埜翔太さんら=16日、大阪・ミナミ
 あしなが学生募金を呼び掛ける(右から)タレントの西川きよしさん、阪神大震災遺児の中埜翔太さんら=16日、大阪・ミナミ

 東日本大震災で親を亡くした子どもたちの支援のため、阪神大震災遺児で神戸市外国語大2年の中埜翔太さん(19)らが16日、大阪・ミナミで募金を呼び掛けた。同日、東北を除く全国約200カ所で始まったあしなが学生募金の一環で、あしなが育英会に全額寄付する。

 「困難に皆さんが一丸となって立ち向かう姿を見て、自分も力になりたいと強く思った」。3歳で被災して母を亡くした中埜さんは9日から11日まで、宮城県の被災地を訪ねた経験を報告した。

 また、中埜さんは育英会の遺児のケア施設「神戸レインボーハウス」(神戸市)で出会った仲間や職員が心の支えだったことに触れ、「いつ行っても話を聞いてくれる人がいる場所が東北にも必要不可欠」と訴えた。

 応援に駆け付けたタレントの西川きよしさんも「一人一人に何かできることがあるはずやと思う」と言い、何度も頭を下げた。道行く人たちは次々に募金していた。

 育英会は東日本大震災で親が死亡、行方不明となった子どもに特別一時金の給付を決めており、申込者は14日時点で347人。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.