天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本列島、汗ばむ陽気/被災地も7月並み気温

2011/04/14 17:44

 津波にのまれた田畑の脇で、花を咲かせるスイセン。数日前に咲いたという=14日午後、岩手県陸前高田市気仙町
 津波にのまれた田畑の脇で、花を咲かせるスイセン。数日前に咲いたという=14日午後、岩手県陸前高田市気仙町

 日本列島は14日、日本の南海上に中心を持つ高気圧に覆われたため九州から東北にかけての広範囲で晴れて気温が上昇。東日本大震災の被災地・岩手県久慈市の最高気温は7月中旬並みの22・2度。同県宮古市で21・5度、宮城県丸森町で23・7度と7月上旬並みになるなど、各地で汗ばむような気温となった。

 ただ気象庁によると、東北太平洋側の最高気温は16日以降、平年並みか平年より低く、15日は朝晩の寒暖の差が大きい見込み。同庁は「体調管理に注意して」と呼び掛けている。

 14日の気温が高かった主な地点は、北海道白糠町16・4度、栃木県小山市24・7度など。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.