天気予報を見る
 
新聞購読申込

中学校再開前に“授業”/南三陸町の教室に活気

2011/04/14 17:37

 1カ月ぶりの“授業”を受ける志津川中の生徒=14日午後、宮城県南三陸町の志津川中
 1カ月ぶりの“授業”を受ける志津川中の生徒=14日午後、宮城県南三陸町の志津川中

 津波で町が壊滅した影響で学校再開が大幅に遅れている宮城県南三陸町の志津川中で14日、本格再開を前に2、3年生を対象にした学習会が始まった。

 同中は高台にあり、校舎は無事。この日は、本来の約3分の1にあたる計75人の生徒が集まり、約1カ月ぶりの“授業”で教室に活気が戻った。

 町は電気と水道が復旧しておらず、再開は5月9日以降。同中は生徒に生活リズムをつくってもらおうと、午前、午後で計4時限の時間割も作成した。生徒の昼食は、校舎で避難生活を送る被災者が振る舞う。

 菅原貞芳校長は朝礼で「避難生活はいろんな人の支援で成り立っている。頑張っている姿を見せてください」と激励。

 生徒の多くは自宅が津波で流され、町内の30カ所以上の避難所に分散している。2年生の西城皇祐君(13)は「久しぶりに友だちに会えてうれしい。ずっと勉強してなかったけど、今日から頑張らないと」と、再会を喜び合っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.