天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸前高田市、仮設住宅当選者に鍵/被災地で初

2011/04/08 21:13

 仮設住宅の説明会で担当者から説明を受ける被災者ら=8日午後、岩手県陸前高田市
 仮設住宅の説明会で担当者から説明を受ける被災者ら=8日午後、岩手県陸前高田市

 岩手県陸前高田市で8日、仮設住宅の抽選に当たった被災者向けの説明会が開かれた。市職員から費用負担などの説明を受けた後、早速鍵を受け取り、部屋を下見する人も。入居予定者への鍵渡しは被災地では初めてで「高台だから安心」と喜ぶ声が聞かれた。それぞれ準備でき次第、順次入居する。

 仮設住宅は避難所にもなっている市立第一中学校の校庭に36戸建てられた。室内には日赤から寄贈された洗濯機や冷蔵庫を配備。村上れんさん(80)は部屋を見て「想像以上に立派。涙が出るくらいうれしい」と喜んだ。妻と入居する及川清八さん(77)は「高台にあるので地震が来ても安心ですね」と話した。

 1160組が入居を申し込み、平均30倍を超える抽選となったことから、佐々木栄さん(79)は「津波に全て流されたので当選はうれしいが、ほかの被災者のことを考えると申し訳ない気持ちでいっぱいです」と遠慮気味。別の男性(76)は「2年で退去しなくてはならない。親戚もいないし、その後はどうすればいいのか」と不安を口にした。

 陸前高田市内では、ほかに3カ所で約200戸の仮設住宅を建設中。岩手、宮城、福島の被災3県は全体で6万2千戸の整備を目指しているが、用地確保の難航や資材不足で着工したのはまだ1割弱にとどまっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.