天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災スーパーが屋上で再開/気仙沼、市民でにぎわう

2011/04/01 11:38

 屋上の駐車場で営業を再開したイオン気仙沼店=1日午前、宮城県気仙沼市
 屋上の駐車場で営業を再開したイオン気仙沼店=1日午前、宮城県気仙沼市

 津波で店舗が壊滅し、営業を休止していた宮城県気仙沼市の大型スーパー「イオン気仙沼店」が1日午前、屋上の駐車場に商品を並べて営業を再開した。被災地で日用品などの物資不足が続く中、久しぶりの開店を待ちわびた市民らでにぎわった。

 2階建ての店舗屋上に設けられた特設会場には、米や野菜などの食料品のほか、トイレットペーパーなどの日用品が並び、下着や布団もそろえられた。

 午前10時の開店時には、普段なら車が進むスロープに約500人が行列。開店と同時に商品が次々と売れた。

 8カ月の赤ちゃんを連れて訪れた同市の女性(26)は「避難所の物資は、避難者が優先。自宅に避難しているが、離乳食が手に入りづらいので、店が再開して良かった」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.