天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

舞妓らが京都駅で募金呼び掛け/「おたの申します」

2011/03/21 15:43

 東日本大震災の被災者への募金を呼び掛ける京都五花街の舞妓ら=21日午後、JR京都駅
 東日本大震災の被災者への募金を呼び掛ける京都五花街の舞妓ら=21日午後、JR京都駅

 京都五花街の東北出身の舞妓らが東日本大震災の被災者らの力になろうと21日、JR京都駅で募金箱を手に「震災募金をおたの申します」と呼び掛けた。

 参加したのは普段着の着物姿の舞妓約10人と関係者。青森県弘前市の実家が被災し、家族が知人宅に身を寄せているという豆沙久さん(18)は「心を一つにして被災者を応援していきたい」と時折涙ぐみながら話した。

 仙台市出身のあや野さん(19)も「募金してくれはることに、感謝の気持ちでいっぱいです。くじけないで頑張ってほしい」と避難所で過ごす家族らへの思いを語った。

京都市北区の会社員田中美佐子さん(34)は「バレーボールをしていて東北の方にお世話になった。少しでもお返しできれば」と5歳の娘と一緒に募金していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.