天気予報を見る
 
新聞購読申込

妖怪列車にねずみ男がいっぱい/JR境線

2011/02/25 08:08

 座席の背もたれに妖怪のねずみ男をプリントしたJR境線の「ねずみ男列車」=23日、鳥取県米子市
 座席の背もたれに妖怪のねずみ男をプリントしたJR境線の「ねずみ男列車」=23日、鳥取県米子市

 漫画家水木しげるさんの出身地である鳥取県境港市と同県米子市を結ぶJR境線で25日、妖怪を描いた四つのイラスト列車(各1両)のうち、車内をリニューアルした「ねずみ男列車」が運行を始めた。

 車体の外側や車内の天井のイラストに加え、新たに座席の背もたれに、万歳したり腕を組んだりした身長20センチのねずみ男計345体をプリント。

 「鬼太郎」「ねこ娘」「目玉おやじ」の3列車にも3月中旬までに、それぞれのキャラクターをあしらった背もたれが完成する。

 JR西日本米子支社は「妖怪づくしの列車の旅を楽しんでほしい」とPRしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.