天気予報を見る
 
新聞購読申込

和風列車「京とれいん」を運行/阪急京都線に3月から

2011/02/21 18:24

 京都の町家をイメージし、入り口に格子状の飾りを設置した阪急の新型観光列車「京とれいん」
 京都の町家をイメージし、入り口に格子状の飾りを設置した阪急の新型観光列車「京とれいん」

 座席の一部に畳を使った阪急の新型観光列車「京とれいん」
 座席の一部に畳を使った阪急の新型観光列車「京とれいん」

 阪急電鉄は21日、梅田―嵐山間を結ぶ新型観光列車「京とれいん」を3月19日から運行すると発表した。京都の町家をイメージした内装で、座席には寺院や茶室で使われる「京唐紙」の柄を取り入れた。

 春の行楽シーズンに合わせ、3月19日〜5月8日の土日・祝日に1日1往復。5月14日のダイヤ改正後は、梅田―河原町間を土日・祝日に1日4往復する。

 列車は6両編成で、座席数292席。町家をイメージした車両では入り口に格子状の飾りを設置。座席は背もたれの一部に畳を使い、間仕切りを設けて個室風にした。

 英語、中国語、韓国語に対応した車内放送やパンフレットの配布も行う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.