天気予報を見る
 
新聞購読申込

米首都のXマスツリー倒れる/冬の風物詩

2011/02/20 12:32

 19日、米ワシントンのホワイトハウス南側の広場で倒れた大クリスマスツリーに使われる木(ロイター=共同)
 19日、米ワシントンのホワイトハウス南側の広場で倒れた大クリスマスツリーに使われる木(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンの冬の風物詩として知られる大クリスマスツリーに使われるコロラドトウヒの木が倒れているのが19日、見つかった。

 この日は強風が吹いており、風に耐えられずに幹が折れたらしい。

 米メディアによると、木は高さ約13メートルで、樹齢は47年。1978年にホワイトハウス南側の広場に植えられ、毎年12月のクリスマスシーズンに行われる点灯式には、大統領一家が発光ダイオード(LED)などの光をともしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.