天気予報を見る
 
新聞購読申込

今春の国公立大入試は5・0倍/06年以来、理系が上昇

2011/02/18 18:00

 文部科学省は18日、今春の国公立大入試の確定志願者数が昨年より1万4917人増え、50万4193人だったと発表した。募集人員に対する倍率は5・0倍。5倍に乗り、50万人台となるのはともに06年以来。

 医・歯系など理系学部の倍率は軒並み上がり、法学部などの人文・社会系の倍率は下がった。文科省は「不況の影響で、地元志向とともに、就職に有利とされる理系に人気が集まったのではないか」としている。

 国立大(82大学367学部)の志願者は37万817人で、倍率4・6倍(昨年4・5倍)、公立大(77大学169学部)は13万3376人で、昨年と同じ6・7倍だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.