天気予報を見る
 
新聞購読申込

E5系「はやぶさ」一般試乗会/デビュー前に家族で体感

2011/02/18 17:07

 東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」の試乗会で、車両を撮影する人たち=18日午後、JR仙台駅
 東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」の試乗会で、車両を撮影する人たち=18日午後、JR仙台駅

 3月5日にデビューを控えた新型車両E5系「はやぶさ」の一般向けとしては初となる試乗会が18日、東北新幹線の仙台―大宮間で始まった。20日まで3日間、仙台―大宮と盛岡―新青森で計8回行われ、一部区間では国内営業運転最速の時速300キロで走行する。

 はやぶさの緑色の長い鼻先が仙台駅に現れると、子どもたちから歓声が上がった。夫と長女と参加した仙台市泉区の主婦佐藤綾さん(32)は「揺れの少なさを家族で体感したい」と弾んだ声で話した。

 試乗会は4千人の募集に24万6252人が応募。JR東日本は定員を400人増やしたが、最終的な倍率は約56倍となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.