天気予報を見る
 
新聞購読申込

横浜にニート支援の24時間窓口/民間、シェルターも

2011/02/16 19:06

 引きこもりやニートの若者の自立を支援しようと、24時間相談に応じる窓口が21日から横浜市内に開設される。若者の就労支援に取り組む市内の会社、K2インターナショナルジャパンが運営、住む場所を失った人が一時的に生活できるシェルターも併設する。

 同社によると、若者の自立支援のための24時間相談窓口やシェルターは全国初という。

 窓口は、同社が磯子区で運営する食堂の一角に開設。職員が夜間も交代で相談に当たる。

 シェルターは近くのマンション2室を利用し、計8人が宿泊可能。

 相談、宿泊とも利用費は無料。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.