天気予報を見る
 
新聞購読申込

高知の新名物、塩・卵かけご飯/飲食店で好評

2011/02/16 08:43

 新たな高知の味「塩・卵かけご飯」
 新たな高知の味「塩・卵かけご飯」

 黄金色に輝く卵に天日塩をひとつまみ。遍路にちなんで88回かきまぜたら、ご飯にかけて一気にかき込む―。高知県の団体が提案した、しょうゆの代わりに塩を使う「塩・卵かけご飯」が好評だ。高知市の飲食店が提供を始め、新たな高知の味として注目されている。

 発案したのは高知の食や文化を考える土佐学協会。「塩・卵かけご飯」は、卵、米、塩すべて高知県産。中でも卵は、同県四万十町の養鶏農家が緑茶など植物性飼料で育てた「茶卵(ちゃまご)」を使用。生臭さがなく、本来の風味と濃厚な味が楽しめる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.