天気予報を見る
 
新聞購読申込

「京おどり」を前に衣装合わせ/京都・宮川町の芸舞妓

2011/02/15 10:14

 「京おどり」を前に、衣装合わせをする芸舞妓=15日午前、京都市東山区
 「京おどり」を前に、衣装合わせをする芸舞妓=15日午前、京都市東山区

 京都の花街、宮川町の歌舞練場で15日、舞踊公演「京おどり」を前に衣装合わせがあり、きらびやかな着物をまとった芸舞妓がパンフレット用の写真撮影に臨んだ。

 今年の演目は「古都四季清覧」全7景。宮川町の茶屋の大広間を舞台とする第1景で開幕し、京都の美しい四季の情景を次々に展開。久多地区(京都市左京区)に伝わる、花灯籠を手に披露する花笠踊りなどへ続く。

 古塚の岩石が豪快に崩壊する「屋台崩し」の演出も、花街の舞台では珍しく、見どころの一つ。

 公演は4月2〜17日。茶券なしの2等席で2千円から。問い合わせは宮川町歌舞会、電話075(561)1151。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.