天気予報を見る
 
新聞購読申込

三線にシリアルナンバー/「沖縄産の良いものを」

2011/02/15 07:32

 根元部分にシリアルナンバー入りのシールが張られた三線の「さお」=8日、那覇市
 根元部分にシリアルナンバー入りのシールが張られた三線の「さお」=8日、那覇市

 沖縄民謡に欠かせない伝統的な弦楽器、三線を製造する15業者でつくる「沖縄県三線製作事業協同組合」は、観光客に品質の良いものを安心して買ってもらおうと、県産の三線にシリアルナンバーを付ける取り組みを始めた。組合のホームページでナンバーを入力すれば、製作者や製作時期を確認できる仕組みだ。

 同組合の又吉真也理事長(56)によると、2000年代初めの「沖縄ブーム」で、2万〜3万円の外国製の三線が土産物屋などで多く出回るようになった。5万円以上する沖縄県産と比べると安いため観光客に人気で、現在も半数以上は外国産という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.