天気予報を見る
 
新聞購読申込

建国記念の日で両派集会/憲法、尖閣めぐり議論

2011/02/11 18:23

 建国記念の日の11日、東京都内各地で集会が開かれ、神武天皇が即位したとされる「紀元節」が由来の祝日の在り方を議論した。

 歴史学研究会など6団体主催の反対集会で、日本平和委員会の川田忠明常任理事は「憲法は平和原則が重要な柱なのに、軍事力で平和と繁栄がもたらされたという『神武東征伝説』に立脚した記念日は受け入れられない」と強調。

 神社本庁や日本会議などでつくる「日本の建国を祝う会」は、明治神宮会館で「奉祝中央式典」を開催。自民党の谷垣禎一総裁らが出席した。

 小田村四郎会長は「菅内閣は中国漁船の尖閣沖領海侵犯で屈辱的対応をした」と述べ、民主党政権を批判した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.