天気予報を見る
 
新聞購読申込

クニマス、標本で田沢湖里帰り/かつての生息地で展示

2011/02/11 16:31

 山梨県の西湖で発見され、田沢湖畔の観光施設「ハートハーブ」で展示されたクニマス=11日午前、秋田県仙北市
 山梨県の西湖で発見され、田沢湖畔の観光施設「ハートハーブ」で展示されたクニマス=11日午前、秋田県仙北市

 かつて秋田県仙北市の田沢湖のみに生息し、山梨県の西湖で約70年ぶりに確認された淡水魚「クニマス」の標本展示が11日、田沢湖畔にある観光施設「ハートハーブ」で始まった。入場は無料で、13日まで。

 標本は西湖で見つかり、京都大で保管されている1個体と、大正や昭和初期に田沢湖で捕れた2個体。来場した仙北市の農業三浦甚栄さん(79)は「小さいころ見たクニマスに似ている。きれいな形で田沢湖に戻ってうれしい」と笑った。

 12日には長年クニマスの研究をしてきた秋田県立大の杉山秀樹客員教授が講演。仙北市では、3月5日に発見に貢献した東京海洋大客員准教授「さかなクン」の講演も予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.