天気予報を見る
 
新聞購読申込

暗闇でもカラーで映ります/赤外線画像の新技術開発

2011/02/08 19:16

 従来の暗視技術で撮影した画像(下)と、同じ被写体を新技術で映した画像(産業技術総合研究所提供)
 従来の暗視技術で撮影した画像(下)と、同じ被写体を新技術で映した画像(産業技術総合研究所提供)

 これまでモノクロや単色のカラーが中心だった赤外線の暗視画像を、実際の被写体に近いカラーで映す新技術を開発したと、産業技術総合研究所(茨城県)の永宗靖主任研究員らが8日、発表。防犯カメラなどの高性能化が期待できるとしている。

 赤外線の暗視画像は、被写体に当てて反射した赤外線を検出、表示するが、通常は反射に応じて白や緑など適当な「疑似色」に置き換えることしかできなかった。

 永宗さんらは、被写体までの距離や形に加え、被写体の色によっても反射する赤外線の強度などが異なることを発見。画像処理で赤、緑、青などの違いを元の色に近い形で再現することに成功した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.