天気予報を見る
 
新聞購読申込

消防庁、携帯メールに緊急警報/11年度に開発へ

2011/02/08 17:38

 総務省消防庁は8日、大規模災害などの緊急情報を住民に知らせる「全国瞬時警報システム(J―ALERT)」について、現行の防災行政無線で放送するだけでなく、携帯電話にメールで配信するシステムを2011年度に開発する方針を決めた。

 聴覚障害者や高齢者ら災害弱者だけでなく、一般住民に確実に緊急情報を伝えるのが狙い。11年度はモデル地区を設定して実証実験を行い、実際の運用は12年度以降になる見通し。

 気象庁の津波情報に基づいて「高台に避難してください」といったメッセージや、有事には「ミサイルが着弾する可能性があります」などの緊急情報を伝達することを想定している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.