天気予報を見る
 
新聞購読申込

石狩湾にニシンの群れ到来/「春告げる魚」産卵期

2011/02/03 17:13

 北海道の石狩湾で3日、ニシンが産卵のため沿岸に押し寄せてくる「群来(くき)」が今年初めて確認された。小樽市船浜町の海岸では大量に放出された精液で海の表面が白濁する現象が見られた。

 この日早朝、ニシン漁に出た男性が発見。道や小樽市漁協によると、石狩湾で群来が確認されたのは4年連続。ニシンは「春告魚(はるつげうお)」と呼ばれ、石狩湾では1〜3月に産卵期を迎える。

 道内のニシンは1956年以降、ほとんど捕れない時期が続いたが、道や民間が稚魚放流に取り組んだかいもあり、回復基調。群来の現象も復活した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.