天気予報を見る
 
新聞購読申込

大阪駅北側の新名称「うめきた」/梅田再開発地域

2011/02/02 11:42

 JR大阪駅北側の再開発地域新名称「うめきた」の色紙を持つ大阪市の平松邦夫市長(右)=2日午前、大阪市役所
 JR大阪駅北側の再開発地域新名称「うめきた」の色紙を持つ大阪市の平松邦夫市長(右)=2日午前、大阪市役所

 大阪市や関西経済連合会で組織する「大阪駅北地区まちづくり推進協議会」は2日、JR大阪駅北側の梅田再開発地域の新名称を「うめきた(梅北)」と発表した。

 JR貨物駅を中心とした24ヘクタールの敷地で、これまで「梅田北ヤード」と呼ばれてきたが「貨物駅を連想する」との理由で新名称を募集。「ゆめきた」「おおさかきたまち」「梅田シティヤード」など5件を選び、昨年末から市民らによる一般投票を実施し「うめきた」が最多の約3800票を集めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.