天気予報を見る
 
新聞購読申込

フランス総領事館が京都に開館/関西日仏学館と同居

2009/12/01 10:34

 在大阪・神戸フランス総領事館が1日、大阪市中央区からの移転作業を終え、京都市左京区の関西日仏学館内に開館した。外務省によると、京都でただ一つの総領事館。

 関西日仏学館は、日本におけるフランス語や文化の普及、日本の市民らとの交流を目的としてフランス政府が運営。同国大使館によると、移転によりそれぞれの利用者の利便性を高め、賃貸料も節減できる。

 京都市によると、市内には約300人のフランス人が居住。留学生も多い。フランス人観光客は2003年の約1万7千人から、08年には約5万5千人に急増している。

 同市国際化推進室は「フランス人は日本文化への理解が深い。総領事館が交流に一役買ってくれれば」と期待を膨らませている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.