天気予報を見る
 
新聞購読申込

0系の車窓映像がギネス認定/ノーカットで世界最長

2009/07/11 16:10

 新幹線0系を追ったドキュメンタリー作品「0の記憶」の一場面
 新幹線0系を追ったドキュメンタリー作品「0の記憶」の一場面

 昨年引退した初代新幹線0系の運転席から見たJR新大阪−博多南駅の眺めを、1台のカメラで撮影し続けた5時間37分33秒の映像が、ノーカット映像の世界最長記録として英ギネス・ワールド・レコーズ社に認定された。

 映像は、0系を追ったドキュメンタリー作品「0の記憶」のブルーレイ版に収録。制作会社ビコム(福岡県久留米市)が0系引退直前の昨年11月、区間内の全駅に停車するこだまで撮影し、今年6月に認定された。

 運転席前方の疾走感あふれる景色とともに、運転レバーの操作音や運行確認の掛け声も収録。運転士になったような雰囲気を楽しめる。停車駅で0系の“団子っ鼻”をカメラに収める鉄道ファンの姿も見える。

 「最後だからしっかりした記録を作りたかった」と同社の山下豊社長(55)。駅によっては10分以上ある停車時間もカットせずに収録した。「かつて『夢の超特急』と呼ばれた0系が、後ろから来る新型の新幹線にどんどん抜かれていく。それも時代の象徴のようだと思って残したかった」

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.