天気予報を見る
 
新聞購読申込

ディープ産駒が最高総額/競り市で新種牡馬記録更新

2008/07/16 19:52

 北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われていたサラブレッドの競り市「セレクトセール2008」は16日に最終日を迎え、現役時代にG1、7勝のスターホース、ディープインパクト産駒の当歳馬(ゼロ歳)の取引総額が、新種牡馬の初年度産駒としては同セール最高の19億1000万円となった。

 15日にディープ産駒の「ビワハイジの2008」が同日最高の2億2000万円で取引されたが、この日も同産駒で、3月の高松宮記念を制したファイングレインの母ミルグレインが産んだ牡馬に最高の1億円の値が付いた。2日間で上場36頭のうち、1億円以上の4頭を含む31頭が落札された。

 同産駒の1頭平均は約6160万円で、同セールで落札されたゼロ歳馬全体の平均額約3300万円を大きく上回った。

 新種牡馬の初年度産駒取引総額はこれまで06年のキングカメハメハで、17億4500万円(落札31頭、1頭平均約5630万円)が最高だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.