天気予報を見る
 
新聞購読申込

住民票もコレクション?/鳥取でコナン、鬼太郎

2005/12/06 08:46

 住民票をコピーすると「複写」という文字とコナンの絵が浮かび上がる(右)=鳥取県北栄町
 住民票をコピーすると「複写」という文字とコナンの絵が浮かび上がる(右)=鳥取県北栄町

 人気漫画「名探偵コナン」の作者青山剛昌さん(42)の出身地、鳥取県北栄町が、コナンをデザインした用紙を使った住民票交付を12月から始めた。町外の人も住民基本台帳ネットワーク制度の利用でコナンの住民票が手に入るという売りだが、町は「住基ネット普及ではなく町のPRが目的」と強調している。

 用紙の隅に、町の名産のスイカと長芋のキャラクターと一緒に走るコナンの絵柄。コピーすると偽造防止のための「複写」という文字と、走っているコナンが中央に大きく浮かび上がる。用紙は、戸籍抄本や印鑑証明などにも使われる。

 住民票の場合、住基ネットの広域交付制度を利用すれば、自分の住所地の住民票を北栄町の窓口で受け取れる。

 鳥取県内では、漫画家水木しげるさんの出身地、境港市が2002年から「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪の姿を透かしに入れた住民票用紙を使っている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.