天気予報を見る
 
新聞購読申込

「地域猫」の虐待相次ぐ/反発する住民と溝、さいたま市

2005/04/04 07:53

 “地域猫”にえさを与える残間真紀さん(右)と野田静枝さん(左)=1月、さいたま市浦和区
 “地域猫”にえさを与える残間真紀さん(右)と野田静枝さん(左)=1月、さいたま市浦和区

 野良猫に不妊手術などをした上で、住民がえさやふんの始末などをする“地域猫”運動が盛んなさいたま市で、猫の虐待が相次いでいる。猫を嫌う住民の反発が背景にあり、「迷惑が掛からないよう努力している」という市民団体との溝は埋まらないままだ。

 1月13日、さいたま市浦和区のマンションをすみかにしていた地域猫のムサシが死んだ。毒物を食べたとみられ、苦しんだ形跡があった。世話をしていた民間非営利団体(NPO)「アニマルサポートメイト」の残間真紀さんは「穏やかな子だったのに…」と涙を見せた。

 ムサシが殺された周辺では、住民数人から「えさをやるから増える」と苦情が絶えなかった。近くに住む男性は「ふんが汚いし、発情期はうるさい」とまゆをひそめる。

 同会によると、さいたま市内ではほかにも1匹が毒殺され、アイスピックで足を貫かれたり、ゴルフクラブで頭を割られるなどの被害も相次いでいるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.