天気予報を見る
 
新聞購読申込

ちょうちんボトルを商品化/神奈川・小田原商工会議所

2004/05/01 08:03

 たためるペットボトル「小田原ちょうちん・旅名水」
 たためるペットボトル「小田原ちょうちん・旅名水」

 小田原商工会議所(神奈川県小田原市)は、ちょうちん形のたためるペットボトル「小田原ちょうちん・旅名水」を商品化した。5月3日に市内で開かれる「小田原北条五代祭り」で販売する。

 ボトルは、飲み終わると、元の大きさの約3分の1に縮めて捨てられるよう、本体をじゃばら状にしたのが特徴。山梨県昭和町の会社社長樋口三男さん(55)が「増え続けるペットボトルのごみを減らすことができたら」と考案した。

 商工会議所が地元名物に似たこの形に着目し、市内の地下約100メートルの水源からくみ上げた水を入れ1万本を作製した。1本(500ミリリットル)130円で今後、地元の祭りやイベントでも売る予定で「小田原のイメージをさらにアップさせたい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.