天気予報を見る
 
新聞購読申込

入館者数5千万人を突破/広島・原爆資料館

2002/08/19 17:45

 開館から47年になる広島市中区の原爆資料館の入館者数が19日、5000万人を突破した。

 5000万人目の入館者は午後3時15分ごろ、小学生のバスケットボールの大会で広島に来て、チームの子供たちと訪れた徳島市の会社員谷口茂さん(31)さん。畑口実館長から、原爆ドームを描いたタペストリーなどを受け取り「徳島の子供たちはなかなか見られないので、勉強のために来た。たまたまとはいえ驚きました」と笑顔で話した。

 原爆資料館は1955年8月に開館。79年度から毎年100万人以上の入館者を迎えた。畑口館長は「5000万の中に、ローマ法王や多くの国家元首も含まれている。核保有国の現職に見てもらいたい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.