パク・ユチョン氏取り調べ/韓国警察、麻薬使用容疑

2019/04/17 10:30

 

 警察への出頭に先立ち、取材に応じるパク・ユチョン氏=17日、韓国・水原(聯合=共同)

 警察への出頭に先立ち、取材に応じるパク・ユチョン氏=17日、韓国・水原(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国警察は17日、元恋人と一緒に麻薬を使った容疑で、韓国の男性アイドルグループ「JYJ」のメンバーで日本でも人気があるパク・ユチョン氏(32)をソウル近郊の京畿南部地方警察庁に出頭させ、取り調べた。パク氏は10日の記者会見で「決して麻薬を使っていない」と主張していた。

 韓国メディアによると、警察はパク氏の元恋人で、大手乳製品メーカー創業者の孫ファン・ハナ容疑者を今月、麻薬使用の疑いで逮捕。ファン容疑者からパク氏と一緒に麻薬を使ったとの供述を得たため、16日にパク氏の自宅などを家宅捜索した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459