日韓「相互の重要性再確認を」/関係改善巡り座談会

2019/04/15 18:52

 

 座談会に先立ち記念写真に納まる(前列左から)韓国の申カク秀元駐日大使、長嶺安政駐韓国大使ら=15日、ソウル(共同)

 座談会に先立ち記念写真に納まる(前列左から)韓国の申カク秀元駐日大使、長嶺安政駐韓国大使ら=15日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】悪化する日韓関係の改善策などについて議論する座談会が15日、ソウルで開かれ、長嶺安政駐韓国大使は「こういう時だからこそもう一度、日韓関係が相互にいかに利益になっているか再確認することも必要だ」と強調、特に補完関係にある経済交流が損なわれないようにしなければならないと訴えた。

 小此木政夫・慶応大名誉教授ら日韓の研究者や韓国の経済関係者が出席。韓国外務省の経済外交担当の高官も出席した。

 長嶺氏は複数の日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟の韓国最高裁判決に触れ「日韓国交正常化以来の日韓関係の土台に関わる問題で、深刻さの度合いが大きい」と重ねて強調。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459