サウジ皇太子、拉致任務を特命か/米紙報道、記者殺害も一環

2019/03/18 11:34

 

 サウジアラビアのムハンマド皇太子(ゲッティ=共同)

 サウジアラビアのムハンマド皇太子(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は17日、サウジアラビアのムハンマド皇太子が、政権に批判的な国民の監視、拉致、拘束、拷問を行う極秘任務を特命班に与え、2017年から稼働していたと報じた。同任務に関する機密情報文書を読んだ米当局者の話としている。

 18年10月にトルコでサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が殺害された事件は、こうした任務の「特にひどい」一例だと指摘。米当局者はカショギ氏を殺害したグループを「サウジ即応介入班」と呼んでおり、17年以降で少なくとも十数件の作戦に関与したとみているという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459