ベネズエラ国境で衝突激化/物資搬入巡り、コロンビアと断交

2019/02/24 10:28

 

 23日、コロンビア北部ククタ近郊の国境にあるシモン・ボリバル橋で、負傷者を運ぶベネズエラの野党連合支持者ら(共同)

 23日、コロンビア北部ククタ近郊の国境にあるシモン・ボリバル橋で、負傷者を運ぶベネズエラの野党連合支持者ら(共同)

 【ククタ共同】南米ベネズエラの野党連合は23日、コロンビア北部ククタ近郊の国境などから、国際社会に呼び掛けた人道支援物資の搬入を試みたが「人道危機など存在しない」とする反米左翼マドゥロ政権の激しい抵抗に遭った。ブラジルとの国境付近でも衝突し、マドゥロ大統領はコロンビアとの断交を発表。国境での衝突が激化した。

 マドゥロ政権は、ベネズエラ側の国境に軍を配置。ククタ近郊のシモン・ボリバル橋などでは支援物資を車両で搬入しようとする野党支持者らに対し、催涙弾を撃ち込み、コロンビア政府によると280人以上の負傷者が出た。支援物資に火が付く一幕もあった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459