イランへの対応、足並み乱れ/米主催会議、主要国閣僚そろわず

2019/02/13 16:23

 

 記者会見で握手するポンペオ米国務長官(左)とポーランドのチャプトウィチ外相=12日、ワルシャワ(ロイター=共同)

 記者会見で握手するポンペオ米国務長官(左)とポーランドのチャプトウィチ外相=12日、ワルシャワ(ロイター=共同)

 【ワルシャワ共同】米政府は13日夜(日本時間14日未明)、敵対するイランへの対応など中東の安全保障問題を話し合う閣僚級会議をポーランドのワルシャワで開く。制裁で最大限の圧力をかけイランに政策転換を迫る自国の方針への賛同を広げる狙いだが、複数の主要国は閣僚を派遣せず、各国の足並みは乱れている。

 米国からはペンス副大統領、ポンペオ国務長官、対イランで共闘するイスラエルからはネタニヤフ首相が出席。だが、欧州メディアによると独仏などの外相、欧州連合(EU)外交安全保障上級代表は参加せず、ロシアは代表団も出さない。英外相は出席はするが、途中で切り上げるという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459