日本の新政府専用機が米に飛来/首相訪問に備え訓練

2019/02/13 10:31

 

 米ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に到着した日本の新政府専用機。左奥は米副大統領専用機=12日(共同)

 米ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に到着した日本の新政府専用機。左奥は米副大統領専用機=12日(共同)

 【ワシントン共同】2019年度に導入される日本の新しい政府専用機が12日、米ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に飛来した。機材が新しくなったことで、首相などが今後訪米した際にスムーズに入国できるよう確認する訓練を13日まで実施する。

 航空自衛官らと米大統領専用機エアフォースワンの運航を担う米空軍部隊の交流も深める。

 アンドルーズ空軍基地では小雨が降りしきる中、米副大統領が乗った際にエアフォースツーとなる専用機が、日本の政府専用機を出迎えた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459