イスラエル軍がシリア攻撃/国境近く、建物被害

2019/02/12 09:06

 

 【カイロ共同】国営シリア・アラブ通信は11日、イスラエル軍が国境近くのシリア南西部クネイトラ県を攻撃したと伝えた。廃虚となっていた病院や警備施設が被害を受けたが、死傷者は確認されていない。

 クネイトラ県はイスラエルが占領するゴラン高原に隣接する。イスラエルはシリアで影響力を強めるイランを警戒。シリアのイラン軍用施設などを狙った攻撃を繰り返している。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459