ローマ法王がUAE入り/アラビア半島を初訪問

2019/02/04 07:47

 

 アラブ首長国連邦の首都アブダビの空港に到着したローマ法王フランシスコ(左)=3日(ロイター=共同)

 アラブ首長国連邦の首都アブダビの空港に到着したローマ法王フランシスコ(左)=3日(ロイター=共同)

 【カイロ共同】ローマ法王フランシスコは3日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを訪問した。バチカンによると、歴代法王でイスラム教の発祥地であるアラビア半島にある国を訪れたのは初めて。5日までの滞在期間中、約13万5千人が参列する見込みの大規模な野外ミサも計画されている。

 UAEの国民の多数はイスラム教スンニ派。バチカンによるとキリスト教徒は国民の1割に当たる約90万人で多くが移民とされる。法王は宗教や民族の違いを超えた対話促進を訴えている。

 法王は4日、イスラム教の指導者らと宗教間会合を行い、演説する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459