中央アフリカ紛争で和平合意/政府と14の武装勢力

2019/02/03 05:44

 

 中央アフリカの首都バンギで警戒する国連部隊=2016年2月(AP=共同)

 中央アフリカの首都バンギで警戒する国連部隊=2016年2月(AP=共同)

 【ナイロビ共同】2013年から中央アフリカで続く紛争を巡り、政府と14の武装勢力が2日、和平に合意した。仲介した国連とアフリカ連合(AU)が発表した。詳しい内容は明らかになっていない。

 中央アフリカではイスラム教徒主体の武装勢力「セレカ」が首都バンギを制圧し、キリスト教徒主体の武装勢力「アンチ・バラカ」との間で戦闘が激化。その後、天然資源が豊富な地域の支配権を巡りセレカ内が対立、一方の派閥がアンチ・バラカと手を組むなど情勢が混乱している。

 国連は昨年5月、全人口約460万人の4分の1が難民や国内避難民になったと発表するなど、人道危機が深刻化した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459