対ハンガリー制裁提案を採択/強権姿勢巡り欧州議会

2018/09/12 22:27

 

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州議会(定数751)は12日、オルバン首相率いるハンガリー政権のメディア統制や法の支配を弱める強権姿勢、移民拒否の政策などがEUの価値観から逸脱しているとして、EUとしての制裁手続き開始を求める提案を採択した。加盟国制裁の入り口となる提案を欧州議会が採択したのは初めて。

 今後、加盟国の審議など制裁手続きが始まるが、EU内での議決権が停止される制裁の実現へのハードルは極めて高い。投票は賛成448、反対197、棄権48など。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459