中ロ首脳、一緒にクレープ楽しむ/蜜月アピール

2018/09/12 09:25

 

 ロシア風クレープ「ブリヌイ」を焼くプーチン大統領(右から2人目)と中国の習近平国家主席=11日、ロシア極東ウラジオストク(タス=共同)

 ロシア風クレープ「ブリヌイ」を焼くプーチン大統領(右から2人目)と中国の習近平国家主席=11日、ロシア極東ウラジオストク(タス=共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストクで開催中の「東方経済フォーラム」に出席している中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領が11日、エプロン姿でロシア風クレープ「ブリヌイ」を焼いて食べる一幕があった。安全保障、経済両面で結束を強める両国の蜜月ぶりをアピールした。

 ブリヌイは、薄い生地に野菜や肉、果物などを包んで食べるロシア料理。手慣れた様子でフライパンを振るプーチン氏が習氏に手ほどきをする場面も。焼き上がった生地にキャビアを包んだ“高級ブリヌイ”をウオッカと共に楽しんだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459